この話は…



仕事や家事でも…肩こりや疲れを次の日に
持ち越さないケアってけっこう難しい…


充分に休む時間もあまりないですよね。


睡眠・マッサージ・姿勢アシストの3種類、
効果的だった体メンテナンスをご紹介します。

shiny


【目次】

1、睡眠の質を改善!オーダーメイド枕の効果は…!?失敗しない枕選びとは?


2、無重力に癒される!マッサージチェアあんま王の実力!


3、オフィスにいる時から姿勢をサポート!
疲れにくいスタイルプレミアムの効果は…



sky_line05_star



1、失敗しない枕を選ぶ!
材質選びからできるオーダーメイド枕で
質の高い睡眠をとる!



DSC_2671

5年前にオーダーメイド枕を購入した主人。



西川産業の「自由自材」というセミオーダーメイドのもの。



中身は、6ヶ所に素材を入れるファスナーがついており、頭や首など位置ごとの高さを調整して作るタイプです。



中の素材は、やわらかめのミニソフト
パイプのような感じ。
ゴムっぽい素材です。

DSC_2678



6つのそれぞれのポケットに入れる、この量を調節して高低をつけているわけです。



カバーのおもて面は低反発ウレタン。


IMG_20180530_151732




本来は購入したお店で定期的にメンテナンスが必要なのですが、結局全然行っていないまま…



それでも使用感にはまだまだ満足しているとのこと。



素材がへたりにくく、6つに分かれたポケットで素材が寄ることもないので、形が変わりにくいようです。


line_lace_black


オーダーメイド枕の注文の流れはだいたい
どこも同じ。



まずは頭から首にかけてのカーブを計測します。

次に素材を選び、高さに合わせて詰めていきます。

その後は実際に寝た状態で、枕の高さを
調整。


line_lace_purple


仰向けに寝る姿勢では、立っている時と同じ
自然な姿勢が保てる枕が良いそう。



首から背骨のS字カーブが自然な形であることが大事なんですね。



横向きでは顔から体にかけての中心線が、
一直線になるのが理想的と言われています。


line_lace_green


素材は以下のような種類があります。


IMG_20180530_145846

IMG_20180530_150157


※ポリエステル綿➡やわらかめ。
洗濯しても偏りにくい。


※フィルターフォーム➡やわらかめ。
クッション性が良く、洗いやすい。


※ミニソフトパイプ➡普通の固さ。頭の形にフィットする。


※ソフトパイプ➡普通の固さ。耐久性もよい。


※ハードパイプ➡硬め。耐久性にすぐれて
しっかりとした素材。


※そばがら➡硬め。吸湿性に優れている。



好みや肩こりなどの度合いにもよるでしょうが、個人的には普通~硬めの素材を選ぶと良いかと思います。


line_lace_yellow

柔らかすぎる枕だと、沈みすぎて首に負担がかかりますし、
固すぎたり形が固定されている枕だと、
自然な寝返りができなくなるので良くありません。



一番良いのは、表面は低反発ウレタンのように柔らかく、中が硬めの枕だと思います。



表面は自分が気に入る感触の厚めのカバーや、低反発枕カバーなどを購入し、
それに合わせてオーダーメイド枕を作るのも
良い方法だと思います。


line_lace_black


オーダーメイド枕の値段はそれぞれ。
主人のものは2万5000円ぐらいとお高めでした。



それでも自分に合って、長く使えるのならモトはとれるというものですが、

友人はやはり同じぐらい高価な枕をオーダーメイドしましたが、
1年たたずにメンテナンスをしてもしっくり
こないそう。(「じぶんまくら」というシリーズとのこと)


IMG_20180531_042629

これはパーツごとに色々な素材を入れられるそう。



友人は綿とビーズを入れたのですが、柔らすぎたのか、寝姿勢に合わなかったのかもしれません。



まずはもう少しリーズナブルなオーダーメイド枕で挑戦してみたいところ。


IMG_20180530_154640


イオンのオーダーメイド枕だと、9ヶ所の高さ調整ができて6000円程度。これは安い!



5ヶ所高さ調整できるものだと3000円台ぐらいからあります。



イオンのオーダーメイドの方法だと、仰向け寝が多いか、横向き寝が多いか、
どちらかの姿勢に合わせて高さを調整するので現実的だなと思います。



line_lace_blue

寝ているときに、一時的にいびきや、
呼吸が浅くなる方ってけっこういるのですが、(頻繁だと睡眠時無呼吸症候群)

そういう方は横向き寝、もしくは寝返りの
うちやすい柔らかな素材カバーを表面につけるのが良いと思います。


line_lace_black


2、無重力で全身リラックス!
マッサージチェアあんま王を体験!


DSC_2562


先日体験してみたマッサージチェア
「あんま王」。

DSC_2559

「無重力マッサージ」!これは気になりますよね!



早速体験してみました。
まずは体型検出をしてから、「無重力モード」を選びます。



するとリクライニングが…

背中はけっこう倒れていき、足側は上がって
いくのでちょうどおうぎ形みたいな角度に!


シート自体がすっぽりはまれる感じなのもあり、浮遊感があります。


line_lace_purple


いざマッサージが始まると不思議な感じ!



旧式のマッサージ機のように固くなく、
ふんわりとしたシリコンボールでマッサージしていくので、強さはありながらも心地いいです。



そして全身マッサージの連動がスゴい!


左右、上下、と強弱がランダムに動き、
圧のかかる位置も移動していくので、
自然でふんわりとした空間を移動していくよう。

line_ashiato03_cat


足の裏も小刻みにモミモミ。
丁寧な動きで飽きることなく、痛い思いをすることなく全身の血流も良くなる気がします。

10分200円で商業施設などで体験できます。
プライバシーに配慮したヘッドの作りになっており、周りを気にせずに体験できました!




3、スタイルプレミアムでオフィスから疲れを軽減!


20180531_055659


オフィスで座りっぱなし…
体にとって本来は不自然な姿勢ですよね。



腰に負担がかかるとわかっていても、
仕事だから無理せざるを得ず…



2年前、スタイルプレミアムを家具店で試してみた時に、あまりのフィット感についつい衝動買い!



オフィスのイスに乗せて、姿勢をサポートしてくれるイス形のクッションシートです。



低反発の厚いクッションの下に、高反発の
硬い層がある構造。



オーダーメイド枕もですが、表面は低反発など柔らかめ、内部は硬め、というのが黄金の法則なのでしょうか!?


line_lace_gray


猫背を防止したり、無理なく自然と理想の座り姿勢になるようにサポートしてくれる形状。



長くオフィスワークをしていると、腰そのものだけでなく、背中の痛みや腹筋の疲れを感じますよね。



長期的には、背筋や腹筋をつけることが、
腰の痛みや肩こり防止につながるのですが、
筋トレする暇もなかなかなく…悪循環に。



とりあえずは、姿勢をしっかりサポートして疲れを軽減し、少しずつ筋トレで血流も良くしていくのがおすすめです!


sky_line05_star


とりあえずはスタイルプレミアムの力を借りて、座るのが楽しみなオフィスに。



心地よく正しい姿勢をサポート、いつの間にか矯正してくれています。



長く使っていても使用感は変わりません。



スタイルプレミアムは少しお高めで2万円ちょっと。



そこそこ強度があるので、単体で座イスと
しても使えますし、お手持ちのイスに載せるだけでOKなのはありがたいです。



もう少しリーズナブルな薄めのシリーズもあり。


line_lace_green


自分に合った体メンテナンスを見つけるのって、少し時間がかかりますよね。



まずは少しリーズナブルなものを、楽しみながらお試しして、ピッタリな材質や形を探していくのが失敗しない近道です!